ズツノンDrの効果

ズツノンDr効果

ズツノンDr(ドクター)はズキズキに悩む人の為のサプリメントです。

 

特別病気でもないのに「ズキズキと痛む」そんな悩みをどうにかしたいと抱える多くの女性のためにつくられました。

 

開発の発端は、ズキズキ持ちの現役内科医が自分のために「ズキズキになり難い」体になることを目指しつくられました。

 

ヨーロッパの伝統西洋ハーブと1800年以上前から中国で、漢方薬や民間療法として処方されてきた温和漢に着目し、商品開発に取り組みようやくサンプルが出来上がったのです。

 

効果を感じたことから、さらに同じ悩みを抱えて悩んでいる多くの女性のために、改良してつくられたのがズツノンDrなのです。

 

神経物質のセレトニンが頭痛や片頭痛を招く

 

神経物質のセロトニンは脳内の血管収縮作用があり、心のバランスを安定に整える働きをしています。

 

しかし、ストレスやホルモンの影響などから脳内の血管が拡張すると、脈を打ちながらセロトニンが大量に放出され、血管を収縮していきます。

 

時間の経過と共にセロトニンが排除され減少すると、収縮していた血管が反動で急激に拡張され、周辺の神経を圧迫して片頭痛を引き起こすのです。

 

またセロトニンが減少してしまうと、ミトコンドリアが大量に産生してしまいます。

 

ミトコンドリアは脳細胞の小器官で、生命エネルギーの産生やカルシウム濃度のコントロールに重要な役割をしています。

 

睡眠不足、喫煙、食生活の乱れ、防腐剤などの影響からセロトニンが血管の拡張で減少すると、ミトコンドリアが大量に産生されてします

 

ミトコンドリアの大量産生と共に活性酸素も大量に放出され、脳細胞や血管を傷つけ炎症させ片頭痛を起こすのです。

 

このように血管収縮作用のあるセレトニンが、大量放出された後に減少すると、血管が拡張する影響で頭痛が引き起こされるのです。

 

つまりセレトニンは、多過ぎても少な過ぎても血管に影響を与えるので、セロトニンが大量に放出されない生活や予防対策をして置く事が大切なのですね。

 

ズツノンDrの効果

 

ズツノンDrは、3種の西洋ハーブと8種の伝承温和漢の天然由来成分を、特殊な方法でブレンド配合されています。

 

さらに、マグネシウム、ビタミンB2、大麦発酵GABAなどの、ズキズキには欠かせない成分などが相乗効果を高めてくれるのです。
特にマグネシウムはセロトニン物質をつくるのに必要とされ、生理前の体の変化や精神的に不安定になる状態を和らげてくれます。

 

西洋ハーブのチェストツリー、フィーバーフュー、レッドクローバーなどの3種は、ハーブ先進国のドイツでは、女性ホルモンに作用することで生理前の頭痛や乳房のハリ、
いらいらなどの治療薬として用いられています。

 

特にフィーバーフューに含まれるパステノリドは、神経伝達物質であるセロトニンの大量な放出を抑えることができるのです。

 

しかし、フィーバーフューには子宮収縮作用があるので妊娠初期の妊婦さんは避けて下さい。

 

伝承和漢の冬虫夏草、田七人参、クコの実、桂皮、ショウガ、カンキョウ、サンシュユ、陳皮などの8種の和漢は古い時代から中国で、頭痛に効果があるとして人々に重宝がられ
民間伝承されてきました。

 

特にクコの実には、肌を白くする美白効果や活性酸素を抑え細胞を修復する効果があります。

 

まとめ

 

現代人のほとんどの女性は片頭痛に悩まされています。

 

頭痛が起きるような病気になっている訳でもないのに、月に何度も片頭痛が起きるので辛いですよね。

 

症状が軽ければどうにか我慢もできるのですが、強いと寝込むことになってしまいます。

 

後頭部を暖めたり、冷やしたり、ツボを押したり、静かな部屋で横になっても一時的に和らぐだけなのです。

 

根本的に解決するためには頭痛が起きないようにする、予防対策を行うことなのですね。